4Gamer、伝説のウォーゲームデザイナー「中黒 靖氏ロングインタビュー」ウォーゲームのいままでとこれからがわかる読み応えのあるインタビューです!4Gamerさんで素敵記事発見、伝説のウォーゲームデザイナー「中黒 靖氏ロングインタビュー」

ウォーゲームのいままでとこれからがわかる、読み応えのあるインタビューです!

中黒 靖氏とは

中黒靖さんは、)『コマンドマガジン日本版』編集長等をされている方です。

ご自身でも様々なゲームをデザイン・監修されています。

こちらのインタビューではご自身の経歴とともに、日本のウォーゲームの歴史が語られています。

鈴木 銀一郎先生のゲーム的人生論など読んでいたので、あの話の裏にこういうことが!というところもありました。

ウォーゲーム好きな方から、アナログゲーム制作してみたい方にも幅広い方に読んでほしい素敵記事!

私は世代的にシミュレイターが刊行されていた時期とはずれていたり、地方ということでエポック社のゲームに触れることなど生きてきて、知識としては知っているという感じだったので、中黒さんのお話うらやましく拝見しました。

「ブンドド」という表現も面白かったです1)戦闘機のプラモデルを手にして、「ブーン,ドドド」と戦闘が起こっている様子を空想する感じ

ゲームデザインの話にも触れられていて、中国のマーケットの話や、「歴史シミュレーションゲーム」というジレンマ話などとても興味深かったです。

『ぱんつぁー・ふぉー! 』話しも聞けて楽しかったです!

大人気テレビアニメ『ガールズ&パンツァー』の、作中競技である「戦車道」をもとにしたゲーム『ぱんつぁー・ふぉー! 』にも関わられています。


『ぱんつぁー・ふぉー! 』は、私も遊んでいたので制作裏話聞けて楽しかったです。

DVDが付属していてゲームの遊び方を紹介してくれているのですが、DVD映像の制作をお願いした方が,ウォーゲーマーだった話などしてくださっていました。

https://i2.wp.com/trpg.love/wp-content/uploads/2017/12/bg171228-01.jpg?fit=354%2C500https://i2.wp.com/trpg.love/wp-content/uploads/2017/12/bg171228-01.jpg?resize=150%2C150たぐっちゃんアナログゲームオススメインタビュー4Gamerさんで素敵記事発見、伝説のウォーゲームデザイナー「中黒 靖氏ロングインタビュー」 徳岡正肇の これをやるしかない!:独ソ戦からガルパン、そしてその先へ。伝説のウォーゲームデザイナー,中黒 靖氏ロングインタビュー - 4Gamer.net ウォーゲームのいままでとこれからがわかる、読み応えのあるインタビューです! 中黒 靖氏とは 中黒靖さんは、)『コマンドマガジン日本版』編集長等をされている方です。 ご自身でも様々なゲームをデザイン・監修されています。 こちらのインタビューではご自身の経歴とともに、日本のウォーゲームの歴史が語られています。 鈴木 銀一郎先生のゲーム的人生論など読んでいたので、あの話の裏にこういうことが!というところもありました。 ウォーゲーム好きな方から、アナログゲーム制作してみたい方にも幅広い方に読んでほしい素敵記事! 私は世代的にシミュレイターが刊行されていた時期とはずれていたり、地方ということでエポック社のゲームに触れることなど生きてきて、知識としては知っているという感じだったので、中黒さんのお話うらやましく拝見しました。 「ブンドド」という表現も面白かったです2)戦闘機のプラモデルを手にして、「ブーン,ドドド」と戦闘が起こっている様子を空想する感じ ゲームデザインの話にも触れられていて、中国のマーケットの話や、「歴史シミュレーションゲーム」というジレンマ話などとても興味深かったです。 『ぱんつぁー・ふぉー! 』話しも聞けて楽しかったです! 大人気テレビアニメ『ガールズ&パンツァー』の、作中競技である「戦車道」をもとにしたゲーム『ぱんつぁー・ふぉー! 』にも関わられています。 『ぱんつぁー・ふぉー! 』は、私も遊んでいたので制作裏話聞けて楽しかったです。 DVDが付属していてゲームの遊び方を紹介してくれているのですが、DVD映像の制作をお願いした方が,ウォーゲーマーだった話などしてくださっていました。TRPGなどアナログゲーム、アニメ・コミックの話題など紹介しています

脚注   [ + ]

1, 2. 戦闘機のプラモデルを手にして、「ブーン,ドドド」と戦闘が起こっている様子を空想する感じ