コミケ当選情報続々!駄兎本舗さんの新作「リミットボール」楽しみです。コミケ当選情報続々タイムラインでみかけました!

SSS特集をさせていただいた駄兎本舗さんも当選!

駄兎本舗さんの新作「リミットボール」楽しみです。

駄兎本舗さんとは

駄兎本舗さんは TRPGで同人活動をされているサークルさんです。

旅と冒険のスペオペRPG『SPACE SHIP STORY』など作られていて、サイトで特集させていただきました。

SPACESHIPSTORY 特集「銀河への旅!」デザイナーはったさんインタビュー、GMリプレイ!SSSの魅力お伝えしています!

今回新作TRPGを出されるということで楽しみです。

リミットボールとは

駄兎本舗さんが夏コミで出される新作TRPGです。
デザイナーのはったさんのつぶやきを引用する形で紹介させていただきます。

珍しい『スポーツものTRPG』ということで、スポーツマンガとかでよくある展開を遊ぶことができる超熱いゲームだそうです。

雑談チャットに駄兎本舗ルーム作らせていただいているのですが、はったさんから聞いた話などから簡単な紹介分を書かせていただきます。

PCはリミットボールという架空の、そして超人的な球技の選手「リミットボーラー」

このゲームのPCはリミットボーラー。リミットボールという架空の、そして超人的な球技の選手です。
試合中の成長、明らかになる因縁、必殺技同士のぶつかり合い。
少年マンガのような『ド派手なスポーツもの』を遊ぶことができます。

リミットボールは、各2~3名2チームに分かれて遊びます。

リミットボールは、各2~3名2チームに分かれて遊びます。

PCは3~6名で遊べるそうで、それぞれ敵味方に分かれて遊びます。

先に『点を2点先取したチームの勝利』

直径20 ㎝のボールを奪いながら、15m四方のフィールドでゴールを奪い合います。

試合をする理由「アラスジ」リミットボールをする理由、あるいは負けられない理由。PCのモチベーションを表現する「因縁シーン」

試合をする理由「アラスジ」
リミットボールをする理由、あるいは負けられない理由。
PCのモチベーションを表現する「因縁シーン」

そのシステムらしさを演出しつつ、遊びやすい!駄兎本舗さんの作品らしい細やかな仕組みが満載です。

試合に負けて、勝負に勝つ。プレイヤーの勝利条件

試合の勝敗とは別に、プレイヤーごとの勝利条件が存在します。

「何らかの判定で、達成値25 以上をキミが出す。」といったゲーム的なものから、
「NPCのセリフや情景など、何らかの演出を提案した」など、ロールプレイに関わるものなど6種用意されています。

勝利条件を達成したプレイヤーは「ゲームの中の世界でなにか1つ好きにできる権利」というプライズがもらえます。

エンディングをさらにドラマチックにする要素として使えると思います。

PCの感情が闘志として形となった「闘魂」熱いドラマを演出します!

リミットボーラーは自分の感情を消費して「闘魂」というパワーが使えます。

ダイスブースト、ファンブル表ふり直しなど行えます。

闘魂をうまく使って熱いドラマ演出していきたいです。

「PCとPCが勝敗を争う。PVP」と「PCとNPC選手が勝敗を争う。PVE」という遊び方。

プレイヤー人数:2~6、GM:0or 1で、PCとPCが勝敗を争う。PVP

プレイヤー人数:1~3、GM:1で、PCとNPC選手が勝敗を争う。PVE

という二つの遊び方ができるそうです。

1回のプレイでオフセで2時間ほどということなので、ドラマチックにサクサク遊べるシステムのようです。

雑談チャット「駄兎本舗ルーム」でいろいろ話しています。

雑談チャット「駄兎本舗ルーム」でリミットボール話をしています。

たまにデザイナーのはったさんも顔を出してくださり、リミットボールの話などしてくれています。

コミケまで待ちきれないという方ぜひ顔出してください!

https://i0.wp.com/trpg.love/wp-content/uploads/2018/06/180608-01.jpg?fit=640%2C360https://i0.wp.com/trpg.love/wp-content/uploads/2018/06/180608-01.jpg?resize=150%2C150たぐっちゃんTRPGオススメリミットボールコミケ当選情報続々タイムラインでみかけました! SSS特集をさせていただいた駄兎本舗さんも当選! さて、帰宅したのでちゃんと宣伝! 駄兎本舗は金曜の東ヌ46bに配置されました。 今回の新刊は世にも珍しい『スポーツものTRPG』です。 スポーツマンガとかでよくある展開を遊ぶことができる超熱いゲームなんで、よろしく!#TRPG #C94 #リミットボール pic.twitter.com/wY0LpvugQ0 — eightone/はった@1日目東ヌ46b (@eightone1985) 2018年6月8日 駄兎本舗さんの新作「リミットボール」楽しみです。 駄兎本舗さんとは 駄兎本舗さんは TRPGで同人活動をされているサークルさんです。 駄兎本舗 旅と冒険のスペオペRPG『SPACE SHIP STORY』など作られていて、サイトで特集させていただきました。 http://trpg.support/curation/special/sss 今回新作TRPGを出されるということで楽しみです。 リミットボールとは 駄兎本舗さんが夏コミで出される新作TRPGです。 デザイナーのはったさんのつぶやきを引用する形で紹介させていただきます。 さて、帰宅したのでちゃんと宣伝! 駄兎本舗は金曜の東ヌ46bに配置されました。 今回の新刊は世にも珍しい『スポーツものTRPG』です。 スポーツマンガとかでよくある展開を遊ぶことができる超熱いゲームなんで、よろしく!#TRPG #C94 #リミットボール pic.twitter.com/wY0LpvugQ0 — eightone/はった@1日目東ヌ46b (@eightone1985) 2018年6月8日 おおっと、はじめて動画投稿したけどこうなるのね。最後の画像がサブリミナルだ。最後の画像の内容はこうなってます~。 pic.twitter.com/KGRG9YjR1U — eightone/はった@1日目東ヌ46b (@eightone1985) 2018年6月8日 珍しい『スポーツものTRPG』ということで、スポーツマンガとかでよくある展開を遊ぶことができる超熱いゲームだそうです。 雑談チャットに駄兎本舗ルーム作らせていただいているのですが、はったさんから聞いた話などから簡単な紹介分を書かせていただきます。 PCはリミットボールという架空の、そして超人的な球技の選手「リミットボーラー」 このゲームのPCはリミットボーラー。リミットボールという架空の、そして超人的な球技の選手です。 試合中の成長、明らかになる因縁、必殺技同士のぶつかり合い。 少年マンガのような『ド派手なスポーツもの』を遊ぶことができます。 リミットボールは、各2~3名2チームに分かれて遊びます。 リミットボールは、各2~3名2チームに分かれて遊びます。 PCは3~6名で遊べるそうで、それぞれ敵味方に分かれて遊びます。 先に『点を2点先取したチームの勝利』 直径20 ㎝のボールを奪いながら、15m四方のフィールドでゴールを奪い合います。 試合をする理由「アラスジ」リミットボールをする理由、あるいは負けられない理由。PCのモチベーションを表現する「因縁シーン」 試合をする理由「アラスジ」 リミットボールをする理由、あるいは負けられない理由。 PCのモチベーションを表現する「因縁シーン」 そのシステムらしさを演出しつつ、遊びやすい!駄兎本舗さんの作品らしい細やかな仕組みが満載です。 試合に負けて、勝負に勝つ。プレイヤーの勝利条件 試合の勝敗とは別に、プレイヤーごとの勝利条件が存在します。 「何らかの判定で、達成値25 以上をキミが出す。」といったゲーム的なものから、 「NPCのセリフや情景など、何らかの演出を提案した」など、ロールプレイに関わるものなど6種用意されています。 勝利条件を達成したプレイヤーは「ゲームの中の世界でなにか1つ好きにできる権利」というプライズがもらえます。 エンディングをさらにドラマチックにする要素として使えると思います。 PCの感情が闘志として形となった「闘魂」熱いドラマを演出します! リミットボーラーは自分の感情を消費して「闘魂」というパワーが使えます。 ダイスブースト、ファンブル表ふり直しなど行えます。 闘魂をうまく使って熱いドラマ演出していきたいです。 「PCとPCが勝敗を争う。PVP」と「PCとNPC選手が勝敗を争う。PVE」という遊び方。 プレイヤー人数:2~6、GM:0or 1で、PCとPCが勝敗を争う。PVP プレイヤー人数:1~3、GM:1で、PCとNPC選手が勝敗を争う。PVE という二つの遊び方ができるそうです。 1回のプレイでオフセで2時間ほどということなので、ドラマチックにサクサク遊べるシステムのようです。 雑談チャット「駄兎本舗ルーム」でいろいろ話しています。 雑談チャット「駄兎本舗ルーム」でリミットボール話をしています。 たまにデザイナーのはったさんも顔を出してくださり、リミットボールの話などしてくれています。 コミケまで待ちきれないという方ぜひ顔出してください!TRPGなどアナログゲーム、アニメ・コミックの話題など紹介しています