自分なりのTRPG楽しいは作れるか?人生であと何回TRPGが遊べるのか考えてみました。

雑談チャットなどでTRPG話しををするのが大好きです。

TRPGのプレイスタイルや楽しみ方も本当に様々だと思います。

有難いことに私はオフセやオンセのサークルの主催をしていて、TRPGを気の合う方と遊べる仕組みや場が作れていて楽しいTRPGライフを過ごしています。

最近ふと思ったのがあと何回TRPGを遊べるかな?ということでした。

定年後の趣味にできるかもしれませんが、社会人の間は回数限られていると思うので、自分なりのTRPG楽しいは作れるか?について考えてみました。

自分なりのTRPG楽しい「気の合う仲間とTRPGを遊ぶ。周辺の創作活動も楽しむ」

自分なりのTRPGの楽しいと思う部分はどこだろうと考えてみました。

セッションはまず楽しいのは間違いないです。
とくに気の合う方とのセッションは楽しいです。

あとサイトも運営しているので、周辺の創作活動も楽しいです。

社会人になると趣味の絵など描く機会はほとんどありませんが、TRPG周辺ではPCのイラストを描いたりという機会に恵まれます。

「気の合う仲間とTRPGを遊ぶ。周辺の創作活動も楽しむ」という視点で、自分なりのTRPG楽しいは作れるか?について考えてみたいと思います。

「機会」と「場」、そして「仲間」自分なりのTRPGの楽しみ方を発信していき、興味持ってくれた人の集いやすい仕組み作り

TRPGは人が集って時間を共有しないと遊べない趣味です。

「機会」と「場」、そして「仲間」という視点で考えてみます。

「機会」オフで月1回。オンセで月数回遊べている環境。自分でサークル主催しています

現在は、オフで月1回。オンセで月数回TRPGが遊べている環境です。

自分でサークル主催しています。

オンセはボイセなどにすれば回数増やせるのでしょうが、サイトへのリプレイの掲載など考えテキセをメインで遊んでいるので、このくらいの回数になっています。

「場」会場を借りてオフセの会。オンセツールでオンセ

オフの会は、会場を借りて開催しています。
駐車場も無料で、ひろい綺麗な会場です。スタッフさんも感じのいい方たちで、良い会場をかりれていてありがたいです。

オンセは仕事で借りているレンタルサーバがすでにあったので、そちらにマルチドメインをあてて、管理サイトやオンセツールなど設置して遊んでいます。
基本メンバーさんしか使わないので快適です。

「仲間」体験参加していただいて気に入ってくださった方が残ってくれています

オフセもオンセも、興味持ってくださった方に体験参加していただいて、気に入ってくださった方が継続して参加してくださっている状態です。

こちらから無理な勧誘や追いかけはしていません。

人生であと何回TRPG遊べるのだろう?1回毎の卓の満足度をあげていきたい

オフで月1回。オンセで月数回遊べているのは、社会人としては恵まれた方かなと思います。

特に月1回でもオフセが遊べているのは嬉しいです。

オンセはその利点を活かしてキャンペーンをメインで遊んでいます。

定年後ガンガン遊べるかもしれませんが、化k義られてセッションそれぞれ楽しいものにしていければとおもいます。

1回毎の卓の満足度を上げるには、PL編

1回毎の卓の満足度、これはPLとし手参加する場合、いまは知り合いの方の卓に参加させていただくことが多いので、気心も知れて楽しいです。

PLさんもこういったら、こう返してくれるかな?とか想像しながら遊ぶことができて楽しいです。

PC同士のかけあいはTRPGでも大好きな部分なので、こういった環境にいられるのはありがたいなと思います。

1回毎の卓の満足度を上げるには、GM編

GMをする場合は、参加者さんには、参加者さんに満足していただけないといけないので、気を配る部分ですが、シナリオのアイデアをだしたりま、マップを用意したりは、準備段階であるていどフォローできるので、そこは楽しい卓をするためにちゃんとやれればと思っています。

作ったシナリオなどは、PLさんをかけて複数回遊ぶこともありの出、そういう面では作業に対する費用対効果もいいのかなと思います。

自分なりのこういうTRPG好きは大事。押し付けないから変えようとしないでほしい

自分なりのこういうTRPG好きは大事だと思います。

それを伝えることも大事だと思っていてさ、サイトの運営はそのためにしています。
こういうのを発信するのは、自己紹介を楽にしていいです。

自分が主催している場では、自分なりのこういうTRPG好きを強く出してしますことがあり、それが反発を招くこともありますが、たぶん自分がやりたいTRPG語っていかないと、自分の主催している場やそこに集う方が何か違うものになってしまう気もします。

ただそれは自分の主催する場だけです。

たまに私の主催している場に来て、俺のTRPG論などぶつけてくる方がいるのですが、そういうのが一番困ります。
そういう考えが困るのではなくて、そういうのを私の主催する場に来てわざわざやるのがとてもやっかいです。

じぶんなりの楽しいTRPGは自分で追い求めるといいと思います。
そしてそこに集ってくれた人を大事に活動するのがいいと思います。

こちらから押し付けないから、変えようとしないでほしい。

これが、自分なりのTRPG楽しいは作れるか?を考える中で大切かなと思いました。

 

https://i2.wp.com/trpg.love/wp-content/uploads/2018/07/180722-02.jpg?fit=1024%2C437&ssl=1https://i2.wp.com/trpg.love/wp-content/uploads/2018/07/180722-02.jpg?resize=150%2C150&ssl=1たぐっちゃん特集・コラムオススメ雑談チャットなどでTRPG話しををするのが大好きです。 TRPGのプレイスタイルや楽しみ方も本当に様々だと思います。 有難いことに私はオフセやオンセのサークルの主催をしていて、TRPGを気の合う方と遊べる仕組みや場が作れていて楽しいTRPGライフを過ごしています。 最近ふと思ったのがあと何回TRPGを遊べるかな?ということでした。 定年後の趣味にできるかもしれませんが、社会人の間は回数限られていると思うので、自分なりのTRPG楽しいは作れるか?について考えてみました。 自分なりのTRPG楽しい「気の合う仲間とTRPGを遊ぶ。周辺の創作活動も楽しむ」 自分なりのTRPGの楽しいと思う部分はどこだろうと考えてみました。 セッションはまず楽しいのは間違いないです。 とくに気の合う方とのセッションは楽しいです。 あとサイトも運営しているので、周辺の創作活動も楽しいです。 社会人になると趣味の絵など描く機会はほとんどありませんが、TRPG周辺ではPCのイラストを描いたりという機会に恵まれます。 「気の合う仲間とTRPGを遊ぶ。周辺の創作活動も楽しむ」という視点で、自分なりのTRPG楽しいは作れるか?について考えてみたいと思います。 「機会」と「場」、そして「仲間」自分なりのTRPGの楽しみ方を発信していき、興味持ってくれた人の集いやすい仕組み作り TRPGは人が集って時間を共有しないと遊べない趣味です。 「機会」と「場」、そして「仲間」という視点で考えてみます。 「機会」オフで月1回。オンセで月数回遊べている環境。自分でサークル主催しています 現在は、オフで月1回。オンセで月数回TRPGが遊べている環境です。 自分でサークル主催しています。 オンセはボイセなどにすれば回数増やせるのでしょうが、サイトへのリプレイの掲載など考えテキセをメインで遊んでいるので、このくらいの回数になっています。 「場」会場を借りてオフセの会。オンセツールでオンセ オフの会は、会場を借りて開催しています。 駐車場も無料で、ひろい綺麗な会場です。スタッフさんも感じのいい方たちで、良い会場をかりれていてありがたいです。 オンセは仕事で借りているレンタルサーバがすでにあったので、そちらにマルチドメインをあてて、管理サイトやオンセツールなど設置して遊んでいます。 基本メンバーさんしか使わないので快適です。 「仲間」体験参加していただいて気に入ってくださった方が残ってくれています オフセもオンセも、興味持ってくださった方に体験参加していただいて、気に入ってくださった方が継続して参加してくださっている状態です。 こちらから無理な勧誘や追いかけはしていません。 人生であと何回TRPG遊べるのだろう?1回毎の卓の満足度をあげていきたい オフで月1回。オンセで月数回遊べているのは、社会人としては恵まれた方かなと思います。 特に月1回でもオフセが遊べているのは嬉しいです。 オンセはその利点を活かしてキャンペーンをメインで遊んでいます。 定年後ガンガン遊べるかもしれませんが、化k義られてセッションそれぞれ楽しいものにしていければとおもいます。 1回毎の卓の満足度を上げるには、PL編 1回毎の卓の満足度、これはPLとし手参加する場合、いまは知り合いの方の卓に参加させていただくことが多いので、気心も知れて楽しいです。 PLさんもこういったら、こう返してくれるかな?とか想像しながら遊ぶことができて楽しいです。 PC同士のかけあいはTRPGでも大好きな部分なので、こういった環境にいられるのはありがたいなと思います。 1回毎の卓の満足度を上げるには、GM編 GMをする場合は、参加者さんには、参加者さんに満足していただけないといけないので、気を配る部分ですが、シナリオのアイデアをだしたりま、マップを用意したりは、準備段階であるていどフォローできるので、そこは楽しい卓をするためにちゃんとやれればと思っています。 作ったシナリオなどは、PLさんをかけて複数回遊ぶこともありの出、そういう面では作業に対する費用対効果もいいのかなと思います。 自分なりのこういうTRPG好きは大事。押し付けないから変えようとしないでほしい 自分なりのこういうTRPG好きは大事だと思います。 それを伝えることも大事だと思っていてさ、サイトの運営はそのためにしています。 こういうのを発信するのは、自己紹介を楽にしていいです。 自分が主催している場では、自分なりのこういうTRPG好きを強く出してしますことがあり、それが反発を招くこともありますが、たぶん自分がやりたいTRPG語っていかないと、自分の主催している場やそこに集う方が何か違うものになってしまう気もします。 ただそれは自分の主催する場だけです。 たまに私の主催している場に来て、俺のTRPG論などぶつけてくる方がいるのですが、そういうのが一番困ります。 そういう考えが困るのではなくて、そういうのを私の主催する場に来てわざわざやるのがとてもやっかいです。 じぶんなりの楽しいTRPGは自分で追い求めるといいと思います。 そしてそこに集ってくれた人を大事に活動するのがいいと思います。 こちらから押し付けないから、変えようとしないでほしい。 これが、自分なりのTRPG楽しいは作れるか?を考える中で大切かなと思いました。  TRPGなどアナログゲーム、アニメ・コミックの話題など紹介しています