シェアおねがいします
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

迷宮キングダムのキャンペーンを完走しました。

迷宮キングダムはやはりキャンペーンが楽しい!

キャンペーンの感想と、それを支えてくれたユドナリウムの性能とメンバーさんの協力などについて書いてみました。

迷宮キングダムとは

世界全体がダンジョン化!
PCたちランドメーカーは、 ダンジョンを探索し、 民を従え国家を運営する。
ダンジョン探索と国家運営の 両方が楽しめるシステムです!

迷宮キングダム基本情報

迷宮災厄という天変地異によって、世界そのものがダンジョンとなってしまったという設定のもと、プレイヤーキャラクターはランドメイカーという存在になり、ダンジョンの中に王国を作り、民を従え国家を運営する。

国家運営の要素もあるTRPGです。PC同士で国の運営を相談しつつ、必要な施設など予算をやりくりしつつ揃えていくのが楽しいです。

公式サイト紹介
ルールブック紹介

迷宮キングダム 基本ルールブックにデータも楽しさもつまっています。
この1冊あれば迷宮キングダムを堪能できます。
しかもフルカラーです!

ミニキャンペーンという遊び方

今回は、まるごと一冊冒険企画局という本に掲載されていたミニキャンペーンというものを参考に遊びました。

階域に最初からいくつか存在している施設がわかっていて、探索するごとに迷宮などが増える。
そのキャンペーン用の背景や表があり独自の展開が楽しめると言った仕組み満載の遊びかたです。

収録されていた「召喚鍵の回転扉」もオフの会で遊んで完走したのですが、とても面白かったので、ぜひ自作シナリオでも挑戦してみたいと思いました。

召喚鍵の回転扉

最初は数か所しか情報が無かった階域も、最後はとても賑やかな感じになりました。

階域ー01
初期階域
階域ー01
最終話階域

王国は6レベル、ランドメイカーは8レベル。迷宮キングダムの楽しさを満喫させていただきました。

初期状態で初めて最終的には王国は6レベル、ランドメイカーは8レベルまで成長できました。ランドメイカーのレベルは王国レベル+1が最高なのですが、今回ルールブックの背景と使命とは別に、キャンペーン用の背景と使命を導入して遊んだので+2レベルとなっています。

勇者、剣闘士、魔女など上級のジョブもいて本当に強く魅力的に成長してくれました。

初期ランドメイカー
初期ランドメイカー
最終ランドメイカー
最終ランドメイカー

GMしていても思い入れの強いPCたちだったので、無事終わりそれぞれのエンディングを迎えることができてよかったです。

実際のセッションは、ユドナリウムを用いたテキストでのオンラインセッション。その遊び方など紹介

ユドナリウムとは

ユドナリウム(Udonarium)は、Webアプリケーションとして構成された、ボードゲームオンラインセッション支援ツールです。

3D表示やコマの情報のカスタマイズなどとても楽しい機能満載です!

私はこういう感じにユドナリウムの機能活かしながらオンセを楽しんでいます。

今回迷宮キングダムでのユドナリウムでの遊び方なども紹介させていただきます。

王宮、階域、迷宮、戦闘。マップの切り替えにテーブル機能が便利

迷宮キングダムは、国の成長と迷宮の探索など多様な遊び方ができます。

そのぶん使用するマップも多様でしたので、ユドナリウムのテーブル機能が便利でした。

ユドナリウムは豊富な保存データが魅力のひとつですが、地形などのテーブル単位で保存ができます。

それらはプレイ画面に読み込んでおくことで、クリック一つで切り替えることが可能です。

テーブル機能
テーブル機能

今回もテーブルを切り替えながら遊べて便利でした。

王宮マップ
王宮マップ
階域マップ
階域マップ
迷宮マップ
迷宮マップ
戦闘マップ
戦闘マップ
コマのデータとチャットパレットの連動。セッションの準備も楽で楽しいです

ユドナリウムは、コマごとに豊富な設定ができ、それと連動させてチャットパレットの作成が可能です。

コマのデータとチャットパレットの連動
敵のコマデータ。武勇などの情報をチャットパレットで使えるようにしてあります。

能力に、武勇で「数値を9」などと入力していると、チャットパレット側で「{武勇}+2d6 命中」などのコマンドを作成することで、武勇の数値9を引数として自動でチャット上で入力してくれます。

コピーして敵のデータ名付けて保存して流用したりととてもべんりでした。

データが豊富な迷宮キングダム。敵のデータ自作はラスボスのデータだけ

迷宮キングダムはその1冊の中に、PCや王国を作成し成長するためのデータや、敵やトラップなどが豊富です。
自作のデータの制作はラスボスのデータくらいでした。

深人の王
深人の王データ

シナリオや迷宮を作成するための指針も案内してあり、とても遊びやすかったです。

曜日固定、雑談チャット、キャンペーン完走のために取り組んだこと

オンラインセッションを遊んでいる方は実感があると思いますが、日程調整は大変です。
続きが数ヶ月後とかなり、いつの間にかプレイヤーさんと連絡がとれなくなっていたなどということもあります。

今回無事キャンペーンを完走できました。
プレイヤーさんの協力をもらうため試してみたことなど案内させていただきます。

月曜日固定のセッション。開催が難しい場合は無理せず延期

GMの私を入れて6人なので日程調整は難しいということは予想できたので、募集段階から月曜日固定で定期的に参加できる方という条件で参加者さんを募りました。

仕事の都合などで参加出来ない場合などは、次週に延期という感じで遊び進めていきました。

キャンペーン完走まで40週ほどかかったのですが、そのうち27週遊べました。

メンバーさんの協力もあり、この頻度が維持できたのだと思います。
あらためて感謝の気持ちでいっぱいです。

Discordへの参加が必須条件。連絡に交流に大活躍でした

参加にあたり、Discordへの参加も必須条件とさせていただきました。
普段からサークルメンバーさんと交流している、Discordです。
そのなかの「冒険企画局」チャンネルで普段から相談や交流をしていました。

Discordにはメッセージをやり取りする機能もあるので、個別で相談などもでき便利でした。

いいセリフなど丸投げさせていただいたシーンもあります。
こういう遊び方はオフセでもできないので豪華な感じでした。

リプレイとして活躍ちゃんと案内していきたいです!

このキャンペーンはリプレイの公開を前提に遊んでいました。

無事完走できたので、リプレイとしてちゃんと公開していきたいです。

1話は公開しているのでぜひご覧ください。

TRPG情報局マガジン2019年1月号「迷宮キングダムリプレイ連載開始!」「2019年!TRPGデビュー!TRPGはじめてものがたり」

社会人になり、PC固定でキャンペーン完走できたのは本当に貴重な機会でした。

リプレイの編集しながら、セッション思い出していければと思います。

参加していただいたプレイヤーの皆さんありがとうございました!

https://i1.wp.com/trpg.love/wp-content/uploads/2019/10/bana-mk3.jpg?fit=1024%2C454&ssl=1https://i1.wp.com/trpg.love/wp-content/uploads/2019/10/bana-mk3.jpg?resize=150%2C150&ssl=1たぐっちゃん特集・コラムオススメ迷宮キングダム迷宮キングダムのキャンペーンを完走しました。 迷宮キングダムはやはりキャンペーンが楽しい! キャンペーンの感想と、それを支えてくれたユドナリウムの性能とメンバーさんの協力などについて書いてみました。 迷宮キングダムとは 世界全体がダンジョン化! PCたちランドメーカーは、 ダンジョンを探索し、 民を従え国家を運営する。 ダンジョン探索と国家運営の 両方が楽しめるシステムです! 迷宮キングダム基本情報 迷宮災厄という天変地異によって、世界そのものがダンジョンとなってしまったという設定のもと、プレイヤーキャラクターはランドメイカーという存在になり、ダンジョンの中に王国を作り、民を従え国家を運営する。 国家運営の要素もあるTRPGです。PC同士で国の運営を相談しつつ、必要な施設など予算をやりくりしつつ揃えていくのが楽しいです。 公式サイト紹介 迷宮キングダム公式サイト ルールブック紹介 迷宮キングダム 基本ルールブックにデータも楽しさもつまっています。 この1冊あれば迷宮キングダムを堪能できます。 しかもフルカラーです! ミニキャンペーンという遊び方 今回は、まるごと一冊冒険企画局という本に掲載されていたミニキャンペーンというものを参考に遊びました。 階域に最初からいくつか存在している施設がわかっていて、探索するごとに迷宮などが増える。 そのキャンペーン用の背景や表があり独自の展開が楽しめると言った仕組み満載の遊びかたです。 収録されていた「召喚鍵の回転扉」もオフの会で遊んで完走したのですが、とても面白かったので、ぜひ自作シナリオでも挑戦してみたいと思いました。 最初は数か所しか情報が無かった階域も、最後はとても賑やかな感じになりました。 王国は6レベル、ランドメイカーは8レベル。迷宮キングダムの楽しさを満喫させていただきました。 初期状態で初めて最終的には王国は6レベル、ランドメイカーは8レベルまで成長できました。ランドメイカーのレベルは王国レベル+1が最高なのですが、今回ルールブックの背景と使命とは別に、キャンペーン用の背景と使命を導入して遊んだので+2レベルとなっています。 勇者、剣闘士、魔女など上級のジョブもいて本当に強く魅力的に成長してくれました。 GMしていても思い入れの強いPCたちだったので、無事終わりそれぞれのエンディングを迎えることができてよかったです。 実際のセッションは、ユドナリウムを用いたテキストでのオンラインセッション。その遊び方など紹介 ユドナリウムとは ユドナリウム(Udonarium)は、Webアプリケーションとして構成された、ボードゲームオンラインセッション支援ツールです。 ユドナリウム(Udonarium)サイト 3D表示やコマの情報のカスタマイズなどとても楽しい機能満載です! 私はこういう感じにユドナリウムの機能活かしながらオンセを楽しんでいます。 今回迷宮キングダムでのユドナリウムでの遊び方なども紹介させていただきます。 王宮、階域、迷宮、戦闘。マップの切り替えにテーブル機能が便利 迷宮キングダムは、国の成長と迷宮の探索など多様な遊び方ができます。 そのぶん使用するマップも多様でしたので、ユドナリウムのテーブル機能が便利でした。 ユドナリウムは豊富な保存データが魅力のひとつですが、地形などのテーブル単位で保存ができます。 それらはプレイ画面に読み込んでおくことで、クリック一つで切り替えることが可能です。 今回もテーブルを切り替えながら遊べて便利でした。 コマのデータとチャットパレットの連動。セッションの準備も楽で楽しいです ユドナリウムは、コマごとに豊富な設定ができ、それと連動させてチャットパレットの作成が可能です。 能力に、武勇で「数値を9」などと入力していると、チャットパレット側で「{武勇}+2d6 命中」などのコマンドを作成することで、武勇の数値9を引数として自動でチャット上で入力してくれます。 コピーして敵のデータ名付けて保存して流用したりととてもべんりでした。 データが豊富な迷宮キングダム。敵のデータ自作はラスボスのデータだけ 迷宮キングダムはその1冊の中に、PCや王国を作成し成長するためのデータや、敵やトラップなどが豊富です。 自作のデータの制作はラスボスのデータくらいでした。 シナリオや迷宮を作成するための指針も案内してあり、とても遊びやすかったです。 曜日固定、雑談チャット、キャンペーン完走のために取り組んだこと オンラインセッションを遊んでいる方は実感があると思いますが、日程調整は大変です。 続きが数ヶ月後とかなり、いつの間にかプレイヤーさんと連絡がとれなくなっていたなどということもあります。 今回無事キャンペーンを完走できました。 プレイヤーさんの協力をもらうため試してみたことなど案内させていただきます。 月曜日固定のセッション。開催が難しい場合は無理せず延期 GMの私を入れて6人なので日程調整は難しいということは予想できたので、募集段階から月曜日固定で定期的に参加できる方という条件で参加者さんを募りました。 仕事の都合などで参加出来ない場合などは、次週に延期という感じで遊び進めていきました。 キャンペーン完走まで40週ほどかかったのですが、そのうち27週遊べました。 メンバーさんの協力もあり、この頻度が維持できたのだと思います。 あらためて感謝の気持ちでいっぱいです。 Discordへの参加が必須条件。連絡に交流に大活躍でした 参加にあたり、Discordへの参加も必須条件とさせていただきました。 普段からサークルメンバーさんと交流している、Discordです。 そのなかの「冒険企画局」チャンネルで普段から相談や交流をしていました。 Discordにはメッセージをやり取りする機能もあるので、個別で相談などもでき便利でした。 いいセリフなど丸投げさせていただいたシーンもあります。 こういう遊び方はオフセでもできないので豪華な感じでした。 リプレイとして活躍ちゃんと案内していきたいです! このキャンペーンはリプレイの公開を前提に遊んでいました。 無事完走できたので、リプレイとしてちゃんと公開していきたいです。 1話は公開しているのでぜひご覧ください。 https://trpg.support/curation/magazine/trpgmg1901 社会人になり、PC固定でキャンペーン完走できたのは本当に貴重な機会でした。 リプレイの編集しながら、セッション思い出していければと思います。 参加していただいたプレイヤーの皆さんありがとうございました!TRPGなどアナログゲーム、アニメ・コミックの話題など紹介しています
シェアおねがいします
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin