シェアおねがいします
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

TRPGスタジオ、新機能『画像(アイテム)の個別修正に対応』の案内がありました。

これで楽に遊べるシステム増えます!

今後の実装予定の機能なども案内してくださっています。
素晴らしいツールの黎明期に参加出来ていることが嬉しいです。

いまの感想や、改装案や要望案など書いてみました。

新機能『画像(アイテム)の個別修正に対応』はすごい!

『画像(アイテム)の個別修正に対応』は、待望の機能でした。

この機能ができるまでは、背景上に置くアイテムという機能はあったのですが、それを後から場所移動させるなどは困難でした。

この機能で戦闘にマップなど使うものも楽に遊べそうです。

戦闘マップ
アイテム移動前
戦闘マップ
アイテム移動後

『キャラクターシート機能』も実装予定。さらに遊びやすくなりそうです!

『キャラクターシート機能』の案内もありました。

FANBOXメンバー向けの案内も拝見したのですが、HPなどのリソースの管理もやりやすくなり、入力サポートとも連動できたりと便利そうでした。

実装が楽しみです!

TRPGスタジオ黎明期!改装してほしい機能や、追加してほしい機能など考えてみました。

TRPGスタジオはこれからどんどん進化していくと感じられます。
スマホでも遊ぶ。遊んだリプレイや動画を公開すると考えると本当に最高のツールだと思います。

開発者さんが本当にすごい方なので、実際にTRPGを遊んでいる人の視点として、改装してほしい機能や、追加してほしい機能など考えてみました。

アイテムの編集機能。「決定」と「退場」はアイテムの外部に出ると操作がしやすそう。

新機能『画像(アイテム)の個別修正』は本当に便利です。

ただ実際に利用しているなかで気になったのが、アイテムの操作まわりでした。

アイテムの「決定」と「退場」はアイテムに出たポップアップをクリックすることで決定されるのですが、背景のマスなどにあわせて小さくすると重なってしまいました。

アイテムの編集機能
重なるポップアップ

アイテムの外部にポップアップすると使いやすいかなと感じました。
こういうイメージでしょうか。
こういう感じだとクリックしやすいかなと感じました。

「決定」と「退場」
ポップアップ案
アイテムのマウス操作の改装案

アイテムはいまはスクロールホイールでも拡大縮小できます。

このあと機能の追加要望案として画面の拡大縮小を上げようと思うのですが、画面の拡大縮小をスクロールホイール、アイテムの移動や拡大はクリック後のバウンディングボックスでの変形でわけるといいと思いました。
現状でもでき、シフトで等倍できるしすでに高機能です。

新機能要望案。背景とアイテムをまとめて切り替える機能。画面の拡大縮小機能があると完璧!

実際に遊んでいる中で、TRPGスタジオは、Roll20のページ、ユドナリウムのテーブルに当たるものが実装されると本当に実践的なツールになると思いました。アイテムと背景をセットで切り替える機能です。

背景とアイテムをセットにした切り替えは必須だと思います。遊びやすさがだいぶ違います。
通常のシーンから戦闘を管理するシーンへ切り替えると言った際に利用します。

通常シーン
通常シーン
背景を映すサイズ
戦闘シーン

さらにその中で背景を映すサイズは、それぞれのGMさんやPLさん毎にその画角を拡大縮小したり移動の操作できるようにすると遊びやすそうです。
イメージ的にはこういう感じです。

背景を映すサイズ
アップ前
背景を映すサイズ
アップ後

プレイしている最中は様々な操作をそれぞれの参加者がされます。
その画面のサイズなどの操作はそれぞれの方ができるほうが便利だと思います。

公開する場合はGMのものを使用する。実際のTVで流れたものという感じにできればと思います。

TRPGスタジオは、名称がスタジオなので「セット」という感じで背景とアイテムのセットで管理できるとさらに遊びやすくなると思います。

切り替える機能も「スウィッチング」という感じに実際の撮影スタジオ的な名称で分かりやすくできると思います。

切り替えとセット単位での拡大縮小は本当に遊びやすさが段違いにかわるとおもします。
いいツールだから定番ツールのひとつになってほしいのでこういう新機能ぜひ実装してほしいです。

次世代オンセツール開発黎明期。応援する形も様々なのがうれしい!

どどんとふが終了とするということで様々な次世代オンセツールが開発されています。

どどんとふも様々な要望を受けるなかで、あれだけの素晴らしいツールになりました。
私もボットを実装していただいたり竹流さんが鹿児島に来てくださったことなどありました。

ツールとともに開発者さんも応援したいというような出来事でした。

この記事を書いている最中に、pixivFANBOXからTRPGスタジオの支援受けつけの案内メールが来ました。
500円と少ない額ですが、応援できていること嬉しいです。

実際に遊んでその感想を書く事や、要望を伝えることも応援になればと思っています。
TRPGが好きで、ツールを使って遊んでいることは、それ自体が応援になると思います。

これからどんどん進化していくであろうTRPGスタジオの、その歩みに少しでも貢献できると嬉しいです。

 

https://i0.wp.com/trpg.love/wp-content/uploads/2019/10/EFeLuOVU4AEyezr.jpg?fit=918%2C626&ssl=1https://i0.wp.com/trpg.love/wp-content/uploads/2019/10/EFeLuOVU4AEyezr.jpg?resize=150%2C150&ssl=1たぐっちゃん特集・コラムオススメTRPGスタジオ、新機能『画像(アイテム)の個別修正に対応』の案内がありました。 『TRPGスタジオ』をアップデート✨ 画像(アイテム)とテキスト配置を個別に編集できるようになりました! ぜひお試しください。詳しい解説は→https://t.co/J4QNOzE8OA — TRPGスタジオ|手軽にオンラインセッションを楽しむ (@trpgstudio) September 27, 2019 これで楽に遊べるシステム増えます! 今後の実装予定の機能なども案内してくださっています。 素晴らしいツールの黎明期に参加出来ていることが嬉しいです。 いまの感想や、改装案や要望案など書いてみました。 新機能『画像(アイテム)の個別修正に対応』はすごい! 『画像(アイテム)の個別修正に対応』は、待望の機能でした。 この機能ができるまでは、背景上に置くアイテムという機能はあったのですが、それを後から場所移動させるなどは困難でした。 この機能で戦闘にマップなど使うものも楽に遊べそうです。 『キャラクターシート機能』も実装予定。さらに遊びやすくなりそうです! 『キャラクターシート機能』の案内もありました。 大型アップデート『キャラクターシート機能』の予告をFANBOXメンバー様向けに公開しました! 開発中の機能なのでご意見・ご要望などお力添えいただけると大変嬉しく思います。何卒宜しくお願いします。#TRPGスタジオhttps://t.co/tY7p8BmipC — TRPGスタジオ|手軽にオンラインセッションを楽しむ (@trpgstudio) September 28, 2019 FANBOXメンバー向けの案内も拝見したのですが、HPなどのリソースの管理もやりやすくなり、入力サポートとも連動できたりと便利そうでした。 実装が楽しみです! TRPGスタジオ黎明期!改装してほしい機能や、追加してほしい機能など考えてみました。 TRPGスタジオはこれからどんどん進化していくと感じられます。 スマホでも遊ぶ。遊んだリプレイや動画を公開すると考えると本当に最高のツールだと思います。 開発者さんが本当にすごい方なので、実際にTRPGを遊んでいる人の視点として、改装してほしい機能や、追加してほしい機能など考えてみました。 アイテムの編集機能。「決定」と「退場」はアイテムの外部に出ると操作がしやすそう。 新機能『画像(アイテム)の個別修正』は本当に便利です。 ただ実際に利用しているなかで気になったのが、アイテムの操作まわりでした。 アイテムの「決定」と「退場」はアイテムに出たポップアップをクリックすることで決定されるのですが、背景のマスなどにあわせて小さくすると重なってしまいました。 アイテムの外部にポップアップすると使いやすいかなと感じました。 こういうイメージでしょうか。 こういう感じだとクリックしやすいかなと感じました。 アイテムのマウス操作の改装案 アイテムはいまはスクロールホイールでも拡大縮小できます。 このあと機能の追加要望案として画面の拡大縮小を上げようと思うのですが、画面の拡大縮小をスクロールホイール、アイテムの移動や拡大はクリック後のバウンディングボックスでの変形でわけるといいと思いました。 現状でもでき、シフトで等倍できるしすでに高機能です。 新機能要望案。背景とアイテムをまとめて切り替える機能。画面の拡大縮小機能があると完璧! 実際に遊んでいる中で、TRPGスタジオは、Roll20のページ、ユドナリウムのテーブルに当たるものが実装されると本当に実践的なツールになると思いました。アイテムと背景をセットで切り替える機能です。 背景とアイテムをセットにした切り替えは必須だと思います。遊びやすさがだいぶ違います。 通常のシーンから戦闘を管理するシーンへ切り替えると言った際に利用します。 さらにその中で背景を映すサイズは、それぞれのGMさんやPLさん毎にその画角を拡大縮小したり移動の操作できるようにすると遊びやすそうです。 イメージ的にはこういう感じです。 プレイしている最中は様々な操作をそれぞれの参加者がされます。 その画面のサイズなどの操作はそれぞれの方ができるほうが便利だと思います。 公開する場合はGMのものを使用する。実際のTVで流れたものという感じにできればと思います。 TRPGスタジオは、名称がスタジオなので「セット」という感じで背景とアイテムのセットで管理できるとさらに遊びやすくなると思います。 切り替える機能も「スウィッチング」という感じに実際の撮影スタジオ的な名称で分かりやすくできると思います。 切り替えとセット単位での拡大縮小は本当に遊びやすさが段違いにかわるとおもします。 いいツールだから定番ツールのひとつになってほしいのでこういう新機能ぜひ実装してほしいです。 次世代オンセツール開発黎明期。応援する形も様々なのがうれしい! どどんとふが終了とするということで様々な次世代オンセツールが開発されています。 どどんとふも様々な要望を受けるなかで、あれだけの素晴らしいツールになりました。 私もボットを実装していただいたり、竹流さんが鹿児島に来てくださったことなどありました。 ツールとともに開発者さんも応援したいというような出来事でした。 この記事を書いている最中に、pixivFANBOXからTRPGスタジオの支援受けつけの案内メールが来ました。 500円と少ない額ですが、応援できていること嬉しいです。 実際に遊んでその感想を書く事や、要望を伝えることも応援になればと思っています。 TRPGが好きで、ツールを使って遊んでいることは、それ自体が応援になると思います。 これからどんどん進化していくであろうTRPGスタジオの、その歩みに少しでも貢献できると嬉しいです。  TRPGなどアナログゲーム、アニメ・コミックの話題など紹介しています
シェアおねがいします
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin