ソード・ワールド2.5ショートストーリーズ 呪いと祝福の大地。読み応えのある短編集でプレイの参考にもなります。カクヨムで試し読み公開中!ソード・ワールド2.5ショートストーリーズ 呪いと祝福の大地が発売されました!

ソード・ワールド2.5ショートストーリーズ 呪いと祝福の大地 (ドラゴンブック)

読み応えのあるソードワールド2.5短編集で、プレイの参考にもなります。

カクヨムで試し読みも公開されています!

収録された話は10話。ソードワールド2.5の多彩な魅力が味わえます。

“呪いと祝福の地”アルフレイム大陸。北部に異界へ通じる奈落の大穴が空き、数多の魔物や蛮族に備えるため、人々は城塞都市に身を寄せ合い暮らしている。
そんな、死と隣り合わせの大陸に生きる人々の視点で描かれる、「2.5」初の短編集が登場!旅立ち、引退していく冒険者、ギルドの受付嬢、死体回収屋、鉄道員―10の視点から描かれる、ソード・ワールド2.5の世界。冒険に出るだけではない“冒険者”たちの姿をご堪能あれ。

紹介文を引用させていただきましたが、もう紹介文から期待しかありません!

様々な話が10話も収録されています!

  1. 新米冒険者の旅立ち
  2. 死体回収屋の多忙な日常
  3. 引退冒険者と、旅立つ新しい希望
  4. 冒険者ギルドの風景
  5. これからのふたりの話をしよう
  6. 愛憎
  7. コカトリスの丸焼き
  8. 手旗信号士ジャックの完璧から程遠い日
  9. 歌に呪われて
  10. 大地に花が満ちるよに

TRPG作品の短編集として最高です!

各話の感想も記事にしていければと思っているのですが、大きくTRPG好き、SW2.5好きとしてみた感想をまとめてみます。

伝統のSW短編集スタイル。巻末にキャラのデータあり!

短編集に出てくるキャラクターはどれも魅力的です。
SW2.5遊んでいる人なら、ニヤッとするような戦闘特技や魔法の描写など楽しめます。

SWの短編集は無印の頃から、作中のキャラクターのデータが掲載されていることが魅力のひとつだったのですが、今回の短編集にも収録されています。

キャラも初期キャラから10レベルのキャラまでいるので、キャラのビルドの参考にもなります。

短編集ということで登場キャラ少なめ。逆に小人数PC卓の参考になります

短編集ということで出てくる主人公たちの数は少な目です。

でもその分小人数PC卓の参考になります。

一話読み終わって、巻末のデータみてこのコンビなら確かに冒険にいけるか、などという視点でも楽しめてよかったです。

アルフレイム大陸の中の冒険者のあり方、日常が見える。もっと楽しく遊べるようになります。

TRPGでは自分おキャラクターをつくって遊びます。

SW2.5のオンセを企画しているので、私も自分のPCや参加してくださっている方のPCなど拝見するのが大好きですが、そのキャラたちが普段どう過ごしているか、どうして冒険者になったのか、PCたちの住む世界はどういう世界か。

短編集では、様々な視点からSW2.5の世界が描かれていて、そういったPCたちのセッション以外での姿にも思いを馳せることができ、実際のプレイでもより楽しく遊べそうです。

カクヨムで試し読みできます!

ソード・ワールド2.5ショートストーリーズ 呪いと祝福の大地ですが、なんと試し読みができます!

公開されているのは、厳選された3編。

  1. 死体回収屋の多忙な日常
  2. コカトリスの丸焼き
  3. 大地に花が満ちるよに

どれも面白いです!

没入感と当事者性が私のTRPGの大好物。短編集たまりません!自分でも書いてみたい!

TRPGの楽しさは多様ですが、没入感と当事者性が私のTRPGの大好物です。

いまもオンセのキャンペーンで楽しませてもらっていますが、さらにSW2.5の世界が好きになったのでさらに楽しく遊べそうです。

いつか自分のPCの話も書いてみたいです!

ソードワールド2.5 オンラインセッションサークル「導きの星ベッヘム」

https://i0.wp.com/trpg.love/wp-content/uploads/2018/10/trpg181023-01.jpg?fit=600%2C314&ssl=1https://i0.wp.com/trpg.love/wp-content/uploads/2018/10/trpg181023-01.jpg?resize=150%2C150&ssl=1たぐっちゃんTRPGオススメソード・ワールド2.5ショートストーリーズ 呪いと祝福の大地が発売されました! 読み応えのあるソードワールド2.5短編集で、プレイの参考にもなります。 カクヨムで試し読みも公開されています! 収録された話は10話。ソードワールド2.5の多彩な魅力が味わえます。 “呪いと祝福の地”アルフレイム大陸。北部に異界へ通じる奈落の大穴が空き、数多の魔物や蛮族に備えるため、人々は城塞都市に身を寄せ合い暮らしている。 そんな、死と隣り合わせの大陸に生きる人々の視点で描かれる、「2.5」初の短編集が登場!旅立ち、引退していく冒険者、ギルドの受付嬢、死体回収屋、鉄道員―10の視点から描かれる、ソード・ワールド2.5の世界。冒険に出るだけではない“冒険者”たちの姿をご堪能あれ。 紹介文を引用させていただきましたが、もう紹介文から期待しかありません! 様々な話が10話も収録されています! 新米冒険者の旅立ち 死体回収屋の多忙な日常 引退冒険者と、旅立つ新しい希望 冒険者ギルドの風景 これからのふたりの話をしよう 愛憎 コカトリスの丸焼き 手旗信号士ジャックの完璧から程遠い日 歌に呪われて 大地に花が満ちるよに TRPG作品の短編集として最高です! 各話の感想も記事にしていければと思っているのですが、大きくTRPG好き、SW2.5好きとしてみた感想をまとめてみます。 伝統のSW短編集スタイル。巻末にキャラのデータあり! 短編集に出てくるキャラクターはどれも魅力的です。 SW2.5遊んでいる人なら、ニヤッとするような戦闘特技や魔法の描写など楽しめます。 SWの短編集は無印の頃から、作中のキャラクターのデータが掲載されていることが魅力のひとつだったのですが、今回の短編集にも収録されています。 キャラも初期キャラから10レベルのキャラまでいるので、キャラのビルドの参考にもなります。 短編集ということで登場キャラ少なめ。逆に小人数PC卓の参考になります 短編集ということで出てくる主人公たちの数は少な目です。 でもその分小人数PC卓の参考になります。 一話読み終わって、巻末のデータみてこのコンビなら確かに冒険にいけるか、などという視点でも楽しめてよかったです。 アルフレイム大陸の中の冒険者のあり方、日常が見える。もっと楽しく遊べるようになります。 TRPGでは自分おキャラクターをつくって遊びます。 SW2.5のオンセを企画しているので、私も自分のPCや参加してくださっている方のPCなど拝見するのが大好きですが、そのキャラたちが普段どう過ごしているか、どうして冒険者になったのか、PCたちの住む世界はどういう世界か。 短編集では、様々な視点からSW2.5の世界が描かれていて、そういったPCたちのセッション以外での姿にも思いを馳せることができ、実際のプレイでもより楽しく遊べそうです。 カクヨムで試し読みできます! ソード・ワールド2.5ショートストーリーズ 呪いと祝福の大地ですが、なんと試し読みができます! 公開されているのは、厳選された3編。 死体回収屋の多忙な日常 コカトリスの丸焼き 大地に花が満ちるよに どれも面白いです! 【好評発売中!】 ソード・ワールドの世界が分かると好評の『ショートストーリーズ』ですが、なんとカクヨムにて試し読みを公開中です! 10編のうち、3編が読めちゃいます! 気に入ったら、書籍版を手に取ってみて下さいね!https://t.co/YkEnsIzsY0 pic.twitter.com/QKCFQ416J2 — 富士見ドラゴンブック編集部 (@dragonbook_game) 2018年10月22日 没入感と当事者性が私のTRPGの大好物。短編集たまりません!自分でも書いてみたい! TRPGの楽しさは多様ですが、没入感と当事者性が私のTRPGの大好物です。 いまもオンセのキャンペーンで楽しませてもらっていますが、さらにSW2.5の世界が好きになったのでさらに楽しく遊べそうです。 いつか自分のPCの話も書いてみたいです!TRPGなどアナログゲーム、アニメ・コミックの話題など紹介しています